医師の転職

医師の当直バイトと聞いてもあまりピンとこない方が多いのではないでしょうか?

医師の中でも副業的に高時給の単発バイト的な仕事を探している方が多いんです。医師の人手不足ということもあり、日中の外来対応や夜間の当直対応といった仕事が結構あるんですよね。しかも当直バイトだけで年収2000万円も稼いでいる医師もいるようです。

医師はアルバイト収入でベンツが買える?
医師と言えば、弁護士や税理士、会計士という国家資格の中でもひときわプレミア感のある資格だと思いますし、仕事の内容や社会地位を考えても中々転職というイメージはもたれない事が多いかと思います。

そして、現実には一部の人の中には実際に転職されている方もいらっしゃるようです。その多くの場合は、医師というのは大学の医学部を卒業して、医師免許を取得した後、かならず研修医としての期間が必要になってきます。この研修医の期間で一部の方は、様々な要因で転職を余儀無くされる事もあるようです。

そのうちの一つの要因は激務です、当然先輩医師の方達よりも早くきて自分にできる事をするのが当然ですし、様々な雑務もこなさなければいけません、もともと医師の仕事が激務な上に研修医はさらに過酷なようです、他の要因としては実際に病院に勤務をしばらくした時に自分のイメージとは異なる事に気づいたり、精神的な重さが原因の方もいらっしゃるようです。

看護師の給料

女性の専門職として人気の高い看護師の資格。高齢化社会の進展に伴い、看護師の需要は増すばかりで、街中でも看護師の募集広告をみかけない日はないといっても過言ではありません。

需要が供給を上回る状況であれば、やはり高い待遇が期待できます。一般に看護師の平均年収は450万円以上といわれています。初任給も他の業種に比べれば比較的高収入の上、年齢があがるにつれて年収も増加していくのが看護師の給料の特徴です。このように、看護師は女性に人気のある専門職のなかでもかなり恵まれた待遇の職種といえるでしょう。

一見恵まれた看護師という資格ですが、その実は、大変ハードな職種でもあります。病院勤務は基本的に24時間体制ですので、2交代もしくは3交替といったシフト勤務となります。当然、夜勤もあります。

また常に命を扱う仕事で、気を抜くことができず大変責任の重い仕事です。労働も立ち仕事が多く肉体的にもハードです。さらに医療は日進月歩ですので、最新の医療について常に学ぶことも求められます。

このようなことから、高待遇の看護師であっても、転職者は非常に多く、多くの病院や診療所、施設などは看護師の定着に頭を悩ませているのが現状です。

第二の人生に、医療事務の資格にチャレンジ

私は結婚するまで観光に携わる仕事をしていましたが、これといって手に職があるというわけではありません。結婚してからも仕事を続けていましたが、主人の転勤で仕事を辞めることに。

新しい町でも仕事をしようと早々に職探しを始めましたがあるのはコンビニやスーパーのパートばかりでした。他は、資格が必要な仕事ばかりだったので、この機会になにか仕事に繋がる資格を勉強しようと色々な資料を請求してみたのです。

そこで目に止まったのが医療事務でした。通信でも受講可能なことと、出産後もパートとして働ける場合が多く職場も全国どこでもあります。またスクールからの就職サポートが受けられるのも魅力でした。

一言で医療事務といっても様々な分野に分かれているようですが、頑張ればスキルアップもできますのでやる気は出ますね。仕事は探せば何でもありますが、やはりせっかくなら自分がやりたい、やりがいがある仕事に就きたいと思い勉強中です。

上手な病院選びを

病院選びはとても大切だと思います。風邪やちょっとした怪我で病院にかかるのであれば、近所の病院に行っても問題はないとは思います。

けれども、患った病気が大きかった場合には、どれだけ高度な医療が受けられる病院にたどり着けるか。それがとても大切だと思います。

どういう事かと言いますと、病院は皆、系列というのがあるので、一番最初に掛かった病院で自分の病が手に負えなかった場合、その病院の系列のさらに大きな病院に紹介状を書いてもらいそちらの病院へ掛かる事になります。

例えば、ガンで状態もかなり悪くなっていた場合に、自分としては高度医療の整っている有名な大学病院に是非入院させてもらいたくても、最初にかかった病院がそ大学病院の系列でないと、なかなかその病院へ入院する事が難しくなるのです。

確かに、お願いをすれば紹介状を書いて下さる先生もいるとは思いますが、通常は系列病院へ紹介をされてしまいます。なので、自分がもしも重い病気なのかも?と思い、最初に診てもらう病院は、どこの系列なのか…自分が悪い病気だった場合に、最終的に自分が望む病院へ紹介をしてもらえる病院なのか…

病院選びはしっかりとした方が良いと思います。

ベンゾジアゼピン系のお薬に関する知識

ベンゾジアゼピン系のお薬は色々なものに使われます、例えば、睡眠薬などが代表的です。有名なハルシオンもそのベンゾジアゼピン系のお薬に含まれております。睡眠薬の他には抗不安薬として用いられます。

薬理は、GABA受容体に働きかけ、興奮状態や、不安な状態、うつ・抑うつ状態、に効果を発揮します。その他には、てんかんの薬として用いられているものもあり、クロナゼパム(リボトリール、ランドセン)が代表的なものです。クロナゼパムはてんかんのお薬ですが、前述の通り、うつ・抑うつに対してや、不眠症状の1つである中途覚醒に用いられる事もあります。

注意する点として、筋弛緩作用が強いお薬があるため、高齢者の使用には十分注意が必要です。他には、お薬を飲むと運転などの危険を伴う作業を控えることが必要です。基本的には数週間程度の短期間的な投薬治療が好ましいとされておりますが、日本では1年単位で飲み続けている方も少なくはありません。理由として、長期的な使用により、お薬の服用を止めた際に起こる離脱症状に悩まされる方が多く、常に飲まないと精神状態が安定しないというような離脱症状が起こることから、海外では短期の治療を目指す目的として使われています。